ここから本文です

近藤春菜、ロシア人道化師の暴走に困惑「誰か仕切って」

オリコン 8月1日(月)21時39分配信

 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が1日、都内で行われた体験型ファンタジーショー『SLAVA’S SNOWSHOW スラバのスノーショー』公開公演後の囲み取材に出席。同公演に出演するクラウン(道化師)のヴァーニャ・ポルニン氏、アレクサンドル・フリッシュ氏の“暴走”で、取材が進行しない状況に「ちょっと、誰か仕切ってください…」と困惑した表情を浮かべた。

【写真】人間ブランコ状態のプリンセス天功

 報道陣から同公演の感想について質問を受けるも、クラウンたちは紙吹雪をバラまいたり、プリンセス天功の両手足を持って“人間ブランコ”のように遊んだりとやりたい放題。天功が苦笑いを浮かべながら「助けてー」と声をふり絞ると、春菜もたまらず「天功さんはこんなことされる人じゃないから、ちょっとやめてください」と制止に入った。

 その後も自由な行動を続けるクラウンたちに、春菜は「記者の方も、この状態をどう記事にしていいかわからないから、誰か仕切って!」と再び懇願。それでも、状況が改善されないことを悟ると「(カメラに)お収めください!」とあきらめムードで呼びかけていた。

 同公演は、ロシア出身のクラウン界の巨匠・スラバ・ポルニン氏が創作、演出する体感型ファンタジーショー。筋書きやセリフが一切なく、動きと表情だけで人間の喜怒哀楽を表現する。14日まで、東京・シアター1010(センジュ)で上演される。囲み取材にはそのほか、箕輪はるか、おかずクラブ、石井一久、スラバ氏も出席した。

最終更新:8月2日(火)16時24分

オリコン