ここから本文です

キスマイ、5周年で2つの初挑戦 藤ヶ谷&玉森のユニット実現

オリコン 8月1日(月)12時31分配信

 8月10日にCDデビュー5周年を迎える人気グループ・Kis-My-Ft2が、17枚目のシングル「Sha la la☆Summer Time」(24日発売)に2つの初挑戦を収録した。スピンオフMV(ミュージックビデオ)を制作したほか、キスマイのシングルとしては初のユニット曲を収め、藤ヶ谷太輔&玉森裕太のユニットを実現させた。

キスマイ、シングル売上ランキング

 1つ目の初挑戦は「Sha la la☆スピンオフ~LAST SCREAM~」と題し、初のスピンオフMVを制作し、きょうから公開。初回生産限定盤Bに収録されている映像は、いわゆる今までの歌って踊るMVの基本的な概念をひっくり返した“新感覚MV”となっている。

 映像の舞台は「キスマイサマー」の打ち上げ会場。メンバーも大いに盛り上がり、会場での歌唱パフォーマンスも予定されていたが、突如、空の上からやってきた“謎のモンスター”のいたずらのせいで、メンバーはMV開始から3分経過するも、誰も歌えもせず、踊れもせず…という奇想天外でハチャメチャなストーリーとなっている。

 最新CG技術で表現された「ミニモンスター」との戦いは、ストーリーボードはありつつも、演技自体はメンバーの即興劇。CGキャラクターとの共演ということで、実際の撮影現場では見えないモンスターにさまざまないたずらを仕掛けられる「想像」での演技が求められ、それぞれ個性あふれる芝居をみせている。おバカだけど笑えて、最後はちょっと切なくなる、MV本編とは全く違った角度から楽しめる映像作品に仕上がった。

 もう一つの初挑戦は、キスマイのシングルとしては初めて、ユニット曲を収録する。初タッグとなるユニットもあり、発表されると同時に話題を集めていた。今回実現したのは、北山宏光&横尾渉&宮田俊哉(初回盤A)、二階堂高嗣&千賀健永(同B)、藤ヶ谷太輔&玉森裕太(通常盤)の3組。

 北山&横尾&宮田のユニット曲は「スナック SHOW和」。昭和風スナック店内で展開されるストーリー仕立て(?)の今までにない組曲となっている。登場人物はスナックを経営する宮ママ(宮田)、ギャル男の客・渋谷光(北山)、食品関係会社に勤務のサラリーマンの横さん(横尾)の3人。スナックでそれぞれが歌を披露する構成で、北山はユーロビート調「チャラくNIGHT?」、横尾は演歌調「涙酒」、宮田は昭和歌謡調「男と女のシネマ」を披露し、3人の掛け合いが絶妙なキスマイでは聴けないような楽曲となっている。

 二階堂&千賀のユニット曲はバラード「70億分の2」。年下コンビのイメージをいい意味で覆し、2人の「声」で勝負した。メロディーと詞も思わず聴き入ってしまう内容となっており、二人のハーモニーで新境地に挑戦している。

 そして、デビュー当時から「いつかユニットを組んでみたい」と話していた藤ヶ谷&玉森のユニットがデビュー5年目にして初めて実現した。数十曲の候補曲の中から選んだダンスミュージック「Touch」は、激しいサウンドとクセになるようなフレーズが聴きどころ。歌詞も大胆で挑発的な内容となっている。

 公式サイトでは音源の試聴がスタートしているが、SNSでは「早くフルで聴きたい!」「涙が止まらない…」「パフォーマンスも観てみたい!」といったファンの興奮したコメントが次々に寄せられている。

■スピンオフMV「Sha la la☆スピンオフ~LAST SCREAM~」メンバーコメント
▽北山宏光「僕自身、初めてこんなMVを見ました。スピンオフでしかできない面白い内容になっており、今年の夏は、アルバム、ライブ、シングルの一連の流れにも注目していただきたいです。ぜひ皆さんに見てほしい作品になりました」

▽千賀健永「CGがすごい! テレビの中に入っちゃったり、まさかの面白いです。小さくなったり! 僕の出演部分は、キャンディを使ってなんとか謎のミニモンスター!?の機嫌を取ろうとするのですが…すごい迫力のシーンになりました!笑 最後の花火も壮大で、実際にできた作品を見て夏を感じました!」

▽宮田俊哉「今までのキスマイのMVにはない、新しいMVになっています!! コントっぽい仕上がりにもなっており、キスマイ全員でこういうことをするのはなかなかない機会なので撮影していて楽しかったです!! あとエキストラさんに混ざってサングラスをかけた僕がどこかにいるので探して見てください!! 一瞬なので見逃さないでください(笑)」

▽横尾渉「アルバム、ライブ、シングルと3部作になっています。楽しみ方がいろいろあって、喜んでもらえたり、笑顔になってもらえるような作品になっています。それぞれの個性や表情が出ているところが面白いポイントです」

▽藤ヶ谷太輔「初のスピンオフMVに挑戦させていただきました。キスマイらしい世界観や新しい7人の姿を少しでもお見せできると思います。豪華なCGにもご注目ください。そしてなんと、横尾渉がキーになっています。そこにも注目です!」

▽玉森裕太「新しい感覚のスピンオフMVができました! ライブとも連動しているところもあるので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです!」

▽二階堂高嗣「アルバム、LIVEそしてシングルで完結する3部作の作品になっています。スピンオフMVではLIVEの打ち上げに突如、謎の宇宙人!?が現れて、キスマイにイタズラをしていきます。メンバーごとにさまざまなイタズラをうけて、キスマイが大変なことになってしまいます。テレビモニターに閉じ込められたり、凍らせさられたり…クスッとできるシーンもあり、肩の力を抜いて見ることができる作品になっているのでぜひ見てください」

最終更新:8月1日(月)12時42分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。