ここから本文です

高島礼子が離婚を発表 所属事務所「今後とも温かく見守ってください」

オリコン 8月1日(月)15時51分配信

 女優の高島礼子(52)が1日、所属事務所を通じ、夫で元俳優の高知東生(本名:大崎丈二・51)被告と離婚したことを報告した。

【写真】8年前…高知東生&高島礼子夫妻の2ショット

 書面では「高島礼子より、離婚届を提出したとの連絡がありました」と報告。「この選択をご理解いただき、今後とも温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます」と呼びかけ「皆さまにはこの度の件では、ご心配をおかけしお騒がせいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」としている。

 2人は1999年結婚。その後、高知被告は2015年7月、長くパーキンソン病を患う高島の父親の介護に専念することを理由に、芸能界の引退を発表していたが、今年6月24日に覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕。7月29日に警視庁東京湾岸署から釈放された。

 高島は、高知被告逮捕された6日後に京都市内で会見を行い、離婚の考えを問われた際に「それも選択肢の一つ。私が自分のために、自分を守ってくれる方のために、そういう決断をしなければいけないということも現実を見て、今後の彼の動向を見て判断しなきゃいけない」と語っていた。

最終更新:8月2日(火)9時8分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。