ここから本文です

松平健、離婚発表の高島礼子にエール「味方はいっぱいいる」

オリコン 8月1日(月)19時59分配信

 俳優の松平健(62)が8月1日、都内で行われた映画『X-MEN:アポカリプス』(11日公開)スペシャル・プレミアに登場。同日に所属事務所を通じ、夫で元俳優の高知東生(本名:大崎丈二・51)被告と離婚したことを報告した女優・高島礼子(52)について質問されると「彼女の決めたことですから、次の人生に向かっていくと思います」とエールを送った。

【写真】イベントには、女戦士に扮した吉木りさも

 松平の代表作のひとつ『暴れん坊将軍』で共演経験があることから、今後の高島との共演について聞かれると「それは、もちろん。同じ業界ですからね」と前向きなコメント。高島の現在の心境を思いやり「味方はいっぱいいますから、応援する人、支持者はいっぱいいますから、大丈夫です。頑張ってということですね」と呼びかけていた。

 同作は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続く、3部作の最終章。文明の登場以前からミュータントの力を使い“神”として世界を支配してきたアポカリプスが、現在の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらそうと世界の破滅を目論むという内容となっている。

 イベントにはそのほか、タレントの吉木りさ(29)も登場した。

最終更新:8月2日(火)16時29分

オリコン