ここから本文です

佐々木希、凶悪犯に初挑戦 “切り裂き殺人鬼”役で波瑠と対決

オリコン 8月2日(火)12時0分配信

 女優の佐々木希が、2日放送の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(毎週火曜 後10:00)の第4話に出演。女優・波瑠が新人刑事・藤堂比奈子として不可解な殺人事件の犯人と対峙する猟奇犯罪ミステリードラマで、先週7月26日の第3話の最後には佐々木演じる佐藤都夜の正体が切り裂き殺人鬼であったことが明らかに。自身初となる悪女に挑戦した佐々木の鬼気迫る表情がみどころとなる。

【写真】波瑠演じる藤堂比奈子VS佐々木希演じる殺人鬼

 第3話では、体の一部を切り取られた若い女性の遺体の変死体が次々に発見されるという事件の謎を追っていた比奈子は、現場や自宅近くで犯人らしき人物を見たという少女・吉田遙香(住田萌乃)とその母親・佐和(中島亜梨沙)、そして佐和の友人である都夜と知り合う。都夜は佐和が以前からストーカーの男につきまとわれていたことを証言するが、実際は、一連の殺人事件も佐和を狙ったのも、すべて都夜の犯行だった。

 都夜の正体は、切り取った女性たちの皮膚を使ってボディスーツを作ろうとする異常犯罪者。佐和とともに拉致された比奈子が目を覚ますと「ちょうだい…あなたの顔の皮も…」と裁ちバサミを片手に襲いかかる。世にも恐ろしい悪女役に臨んだ佐々木だが「どのように演じていけばよいか不安だった分、演じ終えた後はスッキリしました!」と満足げ。

 美しい都夜が、女性たちの皮膚を集めることになった動機はなんなのか。殺人者が犯行に及ぶ「心のスイッチ」に興味を持つ比奈子が、都夜の心理に触れようと真っ向から対峙する。

 

最終更新:8月2日(火)12時0分

オリコン