ここから本文です

大口兼悟が俳優引退を報告「15年間ありがとうございました」

オリコン 8月1日(月)22時0分配信

 俳優の大口兼悟(34)が1日、自身のブログを更新。ミュージカル『アニー』の2016年夏のツアーを最後に俳優を引退することを発表した。

 大口は「突然ですが皆様に御報告があります。わたくし大口兼悟 15年続けてきた俳優業を一身上の都合により、ミュージカル『アニー』2016年夏のツアーを最後に引退することになりました」と報告。

 「20歳で鹿児島から芸能の仕事を夢見て上京。何の下積みもなく、右も左もわからぬまますぐに仕事をもらい現場へ。毎日怒られながら撮影していたのを思い出します。そこから気づけば15年経ちました」とつづり、芝居について「出来ないことへの悔しさや、OKをもらえた時の喜び、先輩方の凄い芝居をみて感じているうちに、どんどん芝居をすることが楽しくなり、色々な役や仕事をさせていただくことが出来ました」と回顧した。

 「自分は有名でもないし、凄い俳優でもないので、楽しい時より苦しい時の方が多かったと思います。でも苦しい経験があったからこそ、今日まで頑張ってこれたのだと思います」と胸中を明かし「映像に、舞台に、色々今まで応援してくれたファンの皆様、たずさわって支えてくれた俳優仲間、スタッフの皆様、両親、友人、15年間本当にありがとうございました」と感謝した。

 最後は「でもまだ今は終わりではありません。『アニー』夏のツアーがこれからあります。最後まで精一杯頑張って芝居をしていきますので、どうかあたたかく見守って下さい」と呼びかけブログを結んだ。

 大口は2003年の特撮テレビドラマ『仮面ライダー555』で俳優デビュー。『横浜見聞伝スター☆ジャン』『烈車戦隊トッキュウジャー』などの特撮ヒーロードラマをはじめ、『海猿』(ドラマ・劇場版)『新・ミナミの帝王』、『クローズZERO II』などにも出演していた。

最終更新:8月1日(月)22時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。