ここから本文です

【GOLF】J.ウォーカーがメジャー初V! J.デイは1打差で連覇逃す

ISM 8月1日(月)9時35分配信

 今季メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権が現地時間31日、ニュージャージー州のバルタスロールGCで順延となっていた第3ラウンドと最終ラウンドの競技を終了。初日からリーダーボードのトップを走っていたジミー・ウォーカー(米)が通算14アンダーで逃げ切り、メジャー初優勝を飾った。

 第2ラウンドを終えてロバート・ストレブ(米)と首位タイに並んだウォーカーは3日目ティーオフできず、この日36ホールのプレーとなった。第3ラウンドは2オーバーの折り返しから後半4つ戻し単独首位で最終18ホールへ。そこからタフなフロントナインをパープレーでしのぐと、後半10番でバンカーからチップイン、続く11番で9メートルのスライスラインを沈め、連続バーディで後続に2打差をつける。

 その後、パーを並べて迎えた17番でも1つ伸ばしリードを広げたものの、1組前で追い上げてきたジェイソン・デイ(豪)が最終18番イーグルで詰め寄り、1つ落とせばプレーオフという状況で18番パー5へ。初のメジャータイトル獲得へ大きな重圧のかかる中、フェアウェイからの2打目は右ラフに外れたが、3オンからの10メートルを冷静に2パットで収めて世界王者との優勝争いを制した。

 連覇を逃したデイは通算13アンダー単独2位で終戦。1日36ホールのマラソンを「67-67」で走り抜け、一時単独トップに抜け出す場面もあったがメジャー2勝目にはわずかに届かなかった。それでも、最終ラウンドは2オーバーで迎えた5番から1イーグル、3バーディと大きく巻き返す流石のプレーを見せた。

 通算10アンダー3位はダニエル・サマーヘイズ(米)。通算9アンダー4位タイには松山英樹にブランデン・グレイス(南ア)、ブルックス・ケプカ(米)の3人が並んだ。全英オープン覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は第3ラウンドを終えて首位と2打差につけるも、最終18ホールで1つ後退し、ストレブ、マーティン・カイマー(独)と並ぶ通算8アンダー7位タイとなっている。

 そのほか、世界ランキング3位のジョーダン・スピース(米)は通算6アンダー13位タイ。アダム・スコット(豪)は通算5アンダー18位タイとなり、前回バルタスロールで開催された2005年大会の覇者フィル・ミケルソン(米)は、池田勇太、谷原秀人らとともに通算3アンダー33位タイに終わっている。

最終更新:8月1日(月)9時35分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]