ここから本文です

aguilarから800Wまで対応の軽量ベース・キャビネット「SL 410x」

BARKS 8月1日(月)12時13分配信

コルグ・KID(KORG Import Division)は、取り扱 いブランドであるaguilar amplificationのベース用スピーカー・キャビネット「SL 410x」を7月下旬より発売する。800W(RMS)まで対応可能な軽量タイプのベース・キャビネットだ。

「SL410x」は性能と重さの面で前例のないバランスの良さを持つキャビネット。重量は従来の「410」キャビネットの約半分の22.23kgしかない。

4Ωあるいは8Ωで接続でき、800W(RMS)まで鳴らすことが可能。ネオジウム・マグネットを使用したカスタムのウーファーを4発搭載、レベル調整可能なツイーター付いている。周波数応答は44Hz~16kHz とワイドなのも見どころ。歯切れ の良い中音域はもちろん、ディープな低音からスムーズな高音まで定評あるアギュラー・サウンドを提供する。

製品情報
<おもな仕様>
・7オンス・ネオジウム磁石使用10”キャスト・フレーム・ウーファー×4
・フェノリック・ツイーター搭載(インテグラル・フェーズ・プラグ)
・カスタム・クロスオーバー搭載(バリアブル・ツイーター・コントロール)
・パワー:800W RMS
・周波数特性:44Hz - 16kHz
・センシティビティ:100.3 dB 1W 1M
・インピーダンス: 4Ωあるいは8Ω (切り替えではなく2種のモデルあり)
・外形寸法:559(W)×394(D)×603(H) mm
・重量:22.23kg

◆SL 410x
価格:260,000円(税別)
発売日:2016年7月下旬

最終更新:8月1日(月)12時13分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。