ここから本文です

【ライブレポート】ポルノグラフィティ、台湾最大のフェスで15,000人を魅了

BARKS 8月1日(月)18時11分配信

ポルノグラフィティが7月31日、台湾・台北で毎年開催されている大型音楽イベント<超犀利? / SUPER SLIPPA>に初出演した。同イベントは、アジアのスーパーバンド“Mayday”所属事務所 B’in Music主催によるもので、2015年の動員人数は30,000人を超え、名実ともにアジアを代表するイベントとなっている。

◆ポルノグラフィティ 画像

2016年の<超犀利? / SUPER SLIPPA>は7月29日から31日、台北南港展覽館にて行われ、3日間2ステージ計65,000人以上の動員を記録した。ポルノグラフィティの出演は31日。このほか、STEREOPHONICSやKULA SHAKER、CARLY RAE JEPSENや前述のMaydayをはじめ、日本からMAN WITH A MISSION、[Alexandros]、大橋トリオ、水曜日のカンパネラなども参加した一大イベントとなる。

ポルノグラフィティは<超犀利? / SUPER SLIPPA>のメインステージとなるSUPER STAGEへ日本を代表するロックバンドとして登場。オープニングナンバー「メリッサ」が始まった瞬間、待ってましたと言わんばかりに大歓声が会場を包み込む様は圧巻だ。

その後も「アポロ」「サウダージ」「アゲハ蝶」といった台湾でも人気の高いヒット曲の連続に会場の熱気がヒートアップしていく。後半の「ハネウマライダー」「Ohhh!!! HANABI」では、15,000人の観客がジャンプしながらタオルを回すなど、<超犀利? / SUPER SLIPPA>に壮大な光景を描き出した。一方で、ボーカルの昭仁が前日出演した台湾の人気歌番組からプレゼントされたスリッパに履き替えて、観客を沸かすなど親しみやすい場面も。

ラストは新曲の「THE DAY」を披露、オーディエンス大熱狂の中、初の<超犀利? / SUPER SLIPPA>を見事に締めくくった。同イベントは海外の数々のビッグアーティストが出演しているが、彼らのパフォーマンスはそれに一切引けを取らず、台湾音楽ファンの心にしっかり刻まれたことだろう。

前述の通り、ポルノグラフィティは前日30日に台湾の人気歌番組TVBS『全球中文音樂榜上榜』に日本人アーティストとして初出演を果たした。番組では「アポロ」と新曲「THE DAY」を披露、貫禄のパフォーマンスを見せつけた。

ポルノグラフィティは9月3日および4日、自身の歴史に数々の伝説的ステージを創り上げてきた横浜スタジアムでライヴ<ロマンスポルノ>を開催する。毎回さまざまなテーマで開催している同ライヴだが、今年も夏を吹っ飛ばす盛り上がりになることは間違いない。

■<超犀利? / SUPER SLIPPA>7月31日@台北南港展覽館セットリスト
1.メリッサ
2.アポロ
3.サウダージ
4.オー!リバル
5.アゲハ蝶
6.ハネウマライダー
7.Ohhh!!! HANABI
8.THE DAY
<超犀利? / SUPER SLIPPA>
2016年7月29日(金)~31(日) ※ポルノグラフィティの出演は31日(日)
会場:台北南港展覽館
▼出演
ポルノグラフィティ、STEREOPHONICS、KULA SHAKER、CARLY RAE JEPSEN、Mayday、MAN WITH A MISSION、[Alexandros]、大橋トリオ、水曜日のカンパネラ etc.
※総動員数:65,000人以上 (2つのステージの3日合計)

■<横浜ロマンスポルノ’16>
2016年9月3日(土) 横浜スタジアム 15:00 / 17:00
2016年9月4日(日) 横浜スタジアム 15:00 / 17:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
※雨天決行/荒天中止
▼チケット
7,500円(税込・全席指定)
※4歳以上はチケットが必要です(申し訳ありませんが、0~3歳児はご入場頂けません)。

最終更新:8月1日(月)18時11分

BARKS