ここから本文です

殺し屋・菜々緒のビジュアル公開、生田斗真主演『土竜の唄』続編

CINRA.NET 8月1日(月)10時40分配信

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』の新ビジュアルが公開された。

12月23日から全国東宝系で公開される同作は、2014年の『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編。主人公の潜入捜査官・菊川玲二役を演じる生田斗真をはじめ、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒、仲里依紗、上地雄輔、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、堤真一らがキャストに名を連ねている。

【もっと大きな画像を見る】

今回公開されたのは、チャイニーズマフィアの殺し屋・胡蜂役を演じる菜々緒のキャラクタービジュアル。香港の夜景を背景に、チャイナドレスに身を包んだ菜々緒の姿が確認できる。オフィシャルサイトでは生田斗真が菜々緒の足元に潜り込み、ピースサインをしているビジュアルも使用されている。

■菜々緒のコメント
香港が舞台となるのと私はチャイニーズヒットマンの役。
衣装もシースルーでかっこよくインパクトのあるビジュアルになりました!
この作品に出演が決定した時、とにかく周りに負けないくらいのキャラクターを作りたいと思い、衣装やヘアメイクなどもこだわりました。
初挑戦の北京語や鞭も頑張りましたし、アクションや演出的にも体を張らせて頂きました。
生田さんとは以前、映画でご一緒させていただいていたので安心して撮影に臨めました。
今回一番絡みが多くアクションもあったのですが、普段から武術のトレーニングをされているので沢山アドバイスをくれたりしてすごく助けてもらいました。
前回よりもパワーアップして楽しんで頂ける作品になったと思います!

CINRA.NET

最終更新:8月1日(月)10時40分

CINRA.NET

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。