ここから本文です

被災地に届けヒマワリ収穫 千葉・JA長生 志穂美悦子さん

日本農業新聞 8/1(月) 7:00配信

 1万本のヒマワリを育てて東日本大震災、熊本地震の被災地へ送る「壮大!ひまわり畑1万本プロジェクト」の収穫が31日、千葉県茂原市の畑で開かれた。地元のJA長生とフラワーアーティストの志穂美悦子さん(60)が企画。ヒマワリで被災者に元気と勇気を届けようと、県内外から100人以上が参加した。

 ヒマワリは同日、トラックなどで福島県の浪江町役場や熊本市役所など約20カ所へ送った。志穂美さんは1日、ヒマワリを届けに福島県を訪れ、2日には熊本県も訪問する予定だ。

 プロジェクトは、被災地支援と「地域に根ざした協同組合」を目指す同JAの地域貢献活動の一環。JA職員の知人を介して知り合った志穂美さんの「被災地にヒマワリを届けたい」という思いにJAが賛同した。

 6月4日に一般参加者らと30アールに種約7万粒をまき、JAが管理してきた。収穫をした志穂美さんは「ヒマワリは元気の象徴。元気と勇気を届け、復興につながれば」と期待。JA農産園芸部の川城茂樹部長は「JAの役割、存在感をアピールできた」と話した。

日本農業新聞

最終更新:8/1(月) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。