ここから本文です

壁ドンの次は “顔ムニ”だ!? ドラマ「好きな人がいること」から話題

dmenu映画 8月1日(月)7時30分配信

7月11日から放送がスタートしたフジテレビ系ドラマ「好きな人がいること」。イケメン3兄弟を三浦翔平、山崎賢人、野村周平が演じ、一緒に暮らすことになったパティシエの美咲を桐谷美玲が演じています。美咲を中心に起こる胸キュンシーンが満載のこのドラマ。特に山崎演じる次男・夏向(かなた)が、美咲の顔をムニュっと掴んでキスしたシーンに美咲と同じく恋愛にごぶさたな女子たちは騒然。1話目からまさかの展開にがぜんドラマの注目度が高まりました。

今年一番注目の胸キュンしぐさ!?

4年キスしていないという美咲が、初恋相手の千秋(三浦翔平)と再会。千秋から自分のレストランで住み込みで働かないかという誘いを受けて物語がスタートします。男目当てにお店に来る女の子を嫌悪する天才シェフの夏向は、美咲に対しても同じレッテルを貼り、すっかり不仲に。

犬猿の仲になった2人がある日厨房で言い争いをしていると突然、夏向が美咲の頬を、片手で顎から頬っぺたにかけて豪快にムニっと掴みます。美咲の顔を掴んで睨みつける夏向はいったい何をしはじめるのか喧嘩の流れにハラハラさせられていると、夏向は美咲に突然キスをします。

この不意打ちキスに、ネット上では「あーもー。きゅんきゅんだね」と、何度も繰り返しこのシーンを見て楽しんでいる人や「1話からいきなりちゅー 心臓もちませんわ。。笑」と、驚きを隠せない人。「顔むにの桐谷美玲の顔かわいすぎてうずうずしてる」と、めったに見られない桐谷の“ムニ顔”に驚いた人もいたようです。ただし、「流行りの顔むにを自分でやったらもはやアンパンマンだった。痩せよう」と、細くて小顔の桐谷ならではのかわいらしさだったことも判明しています……。

他にも「顔むには黒崎くんが最高なんだよおおおおう(号泣)」と今年公開された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で、中島健人が小松菜奈の頬っぺたを掴んだシーンをおすすめする人や、漫画『クイーンズ・クオリティ』に登場する玖太郎が文(ふみ)の頬っぺたを掴むシーンなど、他の作品の“顔ムニ”シーンをおすすめする人も現れています。

壁ドン、顎クイをはじめ股ドン、肩ズンなど、今までもたくさんの胸キュンしぐさが映画やドラマで話題になりましたが、今年は女の子に“顔ムニ”すると、モテ度がアップしちゃったりするのでしょうか!?

毎週目が離せない胸キュンしぐさ

2話目が放送される前には、桐谷がひょっとこ顔のメイクを施した“どじょうすくい”コスプレをインスタグラムにアップ。いったいどんな展開になるのかと大注目を浴びました。第3話では、誰もいない真っ暗な夜の水族館で美咲と千秋がデートすることになり、警備員に見つかると互いに手をつないで走り出すという青春真っ盛りな姿に、視聴者は憧れの気持ちを抱いたようです。

驚きのシーンや胸キュンしぐさが毎週展開される「好きな人がいること」。全話放送終了後には、ドラマ内での“胸キュン”シーンランキングを考えてみるのも楽しそうですね。

(文/岩木理恵@HEW)

最終更新:8月1日(月)7時30分

dmenu映画