ここから本文です

全国高校合同大会 U17は九州が優勝! U18と女子は関東が栄冠獲得

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 8/1(月) 7:41配信

 7月29日から31日にかけて長野県・菅平高原で「KOBELCO CUP 2016 全国高校合同チームラグビー大会」が開催され、全国9ブロックそれぞれで選抜されたU17(17歳以下)代表選手による戦いは、九州が2年ぶり7回目の優勝を果たした。部員不足の学校の生徒でチーム構成するU18(18歳以下)の部門は、関東が2年ぶり2回目のカップ獲得。そして、男子と同じく15人制でおこなわれた女子は、関東が3年ぶり4回目の優勝を遂げた。

東芝、「主力10人不在」の夏合宿。帰京後、SR組合流で仕上げへ

 U17では、近畿、関東、九州が予選リーグを1位通過し、カップ決勝リーグに進出。関東が近畿に19-12、九州が近畿に24-0と勝ったため、ラストゲームの関東×九州が優勝決定戦となった。

 前半は互いに1トライずつ挙げ、5-5で迎えた後半1分、九州はCTB稲吉渓太(東福岡)の好走でチャンスとなり、左に展開してWTB焼山功雅(東福岡)がディフェンダーを振り切り勝ち越した。
 後半6分に関東FWがパワープレーを見せ、LO小笠原颯(日川)がインゴールにねじ込み、SO堀尾健太(茗溪学園)のコンバージョン成功で逆転したが、九州は11分、ゴール前で数的有利の状況をつくってWTB焼山が連続トライを挙げ、再びゲームをひっくり返した。

 終盤、関東はLO小池隆成(東京)が力強い走りでビッグゲインし、サポートした仲間から再びボールをもらった小池がゴールに迫ったが、相手選手の懸命のディフェンスで落球、逆転トライは生まれなかった。
 そして残りの数分間、九州がリードを守り切り、ノーサイドとなった。

 U18も、近畿、関東、九州がカップ決勝リーグに進出。
 3チーム総当たりの第1戦で関東が近畿を20-7で下して先勝すると、第2戦では近畿が九州相手に意地を見せ12-0で勝利を収めた。
 関東×九州のラストゲームでは、まだ逆転優勝の可能性がある九州が開始早々、ゴール前のPKから速攻でFB宮平留伊(宜野座)が先制トライを挙げたが、追う関東は後半1分、ゴール前スクラムから攻めてSHハンセン海(玉川学園)がフィニッシュし、ともにコンバージョン成功で7-7。シーソーゲームはその後、互いに譲らず同点のまま終わり、1勝1分けの関東が優勝となった。

 そして、第6回全国高校女子合同大会は、関東が3年ぶりに栄冠を獲得。決勝リーグの初戦で近畿を5-0で下した関東は、最終戦で3連覇を狙う九州と対戦し、2点を追う後半11分にWTB久保光里(佐野日大)が逆転トライを決め、10-7で熱戦を制した。

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 7:41

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。