ここから本文です

<高校サッカー>昌平躍進、4強入り 静岡学園に1-0/中国総体

埼玉新聞 8月1日(月)5時0分配信

 (第4日、31日・広島広域公園第一球技場ほか)

 14競技が行われ、サッカー男子準々決勝で埼玉県予選1位の昌平が静岡学園に1―0で競り勝ち、初の4強入りを果たした。

 柔道男子団体は埼玉栄が準決勝で日体大荏原(東京)に2―1で敗れて3位。同個人66キロ級は西願寺哲平(埼玉栄)が準々決勝で敗退した。

 自転車女子ケイリン決勝は細谷夢菜(浦和工)が13秒670で制し、2年連続のタイトルを達成した。

 同男子ポイントレース(2万4000メートル)決勝は中川涼(浦和工)が15点を獲得して初優勝に輝いた。関根論容(叡明)は3位に入った。同ケイリンは村山悠人(川越工)が3位。同スクラッチも安彦統賀(川越工)が3位だった。

■後半攻勢、松本が決勝弾

 昌平が松本の奪った1点を守り切った。

 前半ロスタイムに静岡学園のDFが一発退場となり数的優位に立つと後半15分、針谷、松本、本間とつなぎ、最後は松本が右足でGKの頭上への技ありシュートで先制した。

 終盤は相手に攻められたが、最後まで集中を切らさず。ロスタイムに無人のゴールへヘディングシュートを浴びたがDF関根が頭でクリアした。

最終更新:8月1日(月)5時0分

埼玉新聞