ここから本文です

倉敷中央高が女子400リレーV 全国高校総体、岡山勢50年ぶり頂点

山陽新聞デジタル 8月1日(月)8時10分配信

 岡山県を主会場にした中国インターハイは31日、岡山市のシティライトスタジアムなどで行われ、陸上女子400メートルリレーは倉敷中央高(末石和莉、沢谷柚花、野口理帆、斎藤愛美)が決勝で日本高校歴代3位となる45秒49をマークし、初優勝を飾った。この種目で岡山勢が頂点に立つのは1966年の美作高以来50年ぶり。

 昨年3位の倉敷中央高は1走末石から先頭争いを繰り広げ、スムーズなバトンパスで前日の100メートルを制したアンカー斎藤へ。3チームがほぼ横並びになる中、抜群の加速で斎藤はトップに立ち、ガッツポーズでフィニッシュした。

 主将の末石は「絶対優勝しようと誓い合った。多くの先輩たちの夢もかなえることができ、本当にうれしい」と話した。

最終更新:8月1日(月)8時10分

山陽新聞デジタル