ここから本文です

アザールの実力もポグバに負けていない? 圧巻の2得点にジダンも「彼はとても良い選手」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)6時20分配信

GKをかわすパターンから2得点

30日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ、レアル・マドリード対チェルシーの一戦ではチェルシーの10番を背負うMFエデン・アザールが魅せてくれた。試合は3-2でレアルが勝利したものの、アザールはいずれもGKをかわして左足で流し込むパターンで2得点を決めた。GKとの駆け引きを制して冷静にゴールに流し込む一連の動きはパーフェクトだったと言えるだろう。

スペイン『Fichajes』によると、アザールのプレイをレアル指揮官ジネディーヌ・ジダンも称賛している。ジダンは以前からアザールのことを高く評価していたが、今回の対戦後にも「彼はとてもとても良い選手だ。恐らくは全てのクラブがベストプレイヤーを欲しがっていることだろう。だが、アザールはチェルシーの選手だ」とコメントし、アザールのことを改めて称賛した。

アザールは昨季こそチームと同じくスランプに陥ってしまったものの、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻し始めている。今回の2得点にチェルシーサポーターからもアザールが復活したとの意見が出ており、10番を背負う天才はPFA年間最優秀選手賞を獲得した2014-15シーズンの状態に戻りつつある。

今夏のレアルはユヴェントスMFポール・ポグバ獲得の噂が続いていたが、ポグバに負けず劣らずアザールは評価の高い選手だ。ジダンはアザールがチェルシーの選手だということを強調しているが、仮にアザールがレアルに加入すればポグバ以上に面白い存在となるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月1日(月)6時20分

theWORLD(ザ・ワールド)