ここから本文です

東・北日本で大気不安定 落雷・突風に注意

ウェザーマップ 8月1日(月)6時0分配信

 1日は上空に寒気が流れ込んでいる影響で、東・北日本では大気の状態が不安定となり、激しい雷雨となるところがある見込みだ。大雨となるおそれもあり、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、ひょうにも注意が必要だ。

 1日午後からは、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るところがある予想で、天気の急変に注意。2日の午前6時までの24時間に予想される雨量は、関東甲信と北海道で120ミリ、東北で100ミリとなっている。

最終更新:8月1日(月)12時5分

ウェザーマップ