ここから本文です

森公美子、“憧れ”大地真央とのデュエットに歓喜「よっし!」【動画付き】

オリコン 8月1日(月)18時6分配信

(C)ORICON NewS inc.

 女優の大地真央、森公美子が8月1日、都内で行われた舞台『一人二役~殺したいほどジュテーム~』の製作発表記者会見に出席。劇中衣装で登場し、それぞれ意気込みを語った。

 同作は、パリ郊外の豪邸を舞台にとある夫婦の離婚劇を描くサスペンスコメディー。10月7日から10日まで東京・北千住のシアター1010、同22日から11月8日まで日比谷のシアタークリエで上演される。

 主人公の貴婦人を演じ、この日も金髪姿を披露した大地は「サスペンスのドキドキ感と、コメディーのワクワク感。すごく楽しい作品になると思う」と自信をにじませ、「公美ちゃんと一緒に歌うシーンもあって、とっても盛りだくさん」とアピールした。

 その大地を「憧れの人」と公言している森は「『マイフェアレディ』辺りからハマって、色んな作品を観させていただいた。やっぱ目指すところはここよね~という感じで」と羨望の眼差し。デュエットシーンについては「本当にありがとうございます。大地さんの美しいお声を汚さないように…。(デュエットできて)よっし! という感じです」と歓喜していた。

 森の大絶賛を照れくさそうに聞いていた大地は「私も公美ちゃんのファンですから、デュエットできるのがすごい楽しみです、早くおけいこがしたい」と胸を躍らせていた。会見にはそのほか、益岡徹、演出の福島三郎氏が出席した。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月1日(月)18時6分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。