ここから本文です

今週は北・東日本で非常に激しい雷雨に注意 北日本でも30℃前後の厳しい暑さ

ウェザーマップ 8月1日(月)6時30分配信

 今週は、週の前半は北日本と東日本で天気が崩れる。晴れるところでも、空模様の変化に注意が必要だ。
 月曜日と火曜日は、北日本と東日本はくもりや雨の所が多い見込み。上空の寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定で、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがある。
 西日本は高気圧圏内で晴れて、日中の気温が35℃以上の猛暑日になる所が多い予想。ただ、気温が高くなることで大気が不安定になり、午後は所々でにわか雨や雷雨になりそうだ。

今週は北日本でも真夏日続く

 水曜日以降は、東から高気圧が張り出して、ほぼ全国的に日差しが届く見込みだ。日中の気温は、北日本でも30℃前後で、厳しい暑さが予想される。
 また、西日本を中心に、夜も25℃以上の熱帯夜が多くなり、寝苦しく感じられそうだ。日中だけでなく、夜も熱中症に注意が必要となる。

最終更新:8月1日(月)6時30分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。