ここから本文です

“自撮りの女王”池田エライザ、女優業が順調…「エロイザ」なボディも武器!?

dmenu映画 8月1日(月)21時10分配信

Twitterで公開する自撮り写真がカワイイと評判になり“自撮りの神”として女子中高生を中心に一躍人気者となったモデルの池田エライザ。あごに手を当てた“エライザポーズ”は、色んな芸能人が真似してちょっとしたブームにもなりました。まぁ、それだけなら、ハーフで美形というだけの「あーはいはい、ハーフモデルね。カワイイね。はいはい」といった感じに思われがちですが、彼女はモデルだけでなく映画やドラマ、バラエティなど活躍の場を広げていて、さらに今後の飛躍が期待できそうですよ。

『みんな!エスパーだよ!』では“透けブラ”もいとわず

父が日本人、母はスペイン系フィリピン人というハーフで、フィリピン生まれ福岡県育ちという現在20歳のエライザ。中学1年だった2009年にファッション雑誌『ニコラ』のオーディションでグランプリを獲得し、同誌専属モデルとしてデビュー。2013年から『CanCam』の専属モデルを務めています。母も若い頃にモデルや歌手として活動していたらしく、Twitterでは何度か若かりし「おかん」の写真を公開していますが、これがなんとも見目麗しい8等身、いや9等身、10等身とも見える小顔とスレンダーな長身、そして顔はエライザをより大人っぽくしたような、スーパーモデルとも言いたくなるほどの美人。こりゃ、素質は十分すぎるほどです。

モデルとしてサラブレッドのエライザですが、モデル業と並行してドラマや映画にも出演しています。2011年公開の溝端淳平主演映画『高校デビュー』で銀幕デビューを果たし、2015年公開の園子温監督作『みんな!エスパーだよ!』ではヒロイン・美由紀の座をオーディションで勝ち取りました。

2013年放送のドラマ版は夏帆がヒロインを務め好評だったことから、映画公開前には不満や心配の声もありましたが、パンチラもいとわぬ豪快な蹴りはもちろん、透けブラなどエロシーンも満載の同作に体当たりで挑む姿は、映画ファンの視線を釘付けにしました。いや、エロい意味ではなく。園子温監督も彼女を絶賛していましたが、同監督の作品から女優としての才能を開花させた吉高由里子や満島ひかり、二階堂ふみたちと同じように、殻を突き破った印象がくっきりとありました。

1/2ページ

最終更新:8月1日(月)21時10分

dmenu映画