ここから本文です

先週の市況をダイジェストで振り返る(7月第5週)

マネーの達人 8/1(月) 4:58配信

2016/7/25 月

世界的に市場のバリュエーションが上昇する中、SP500は史上最高値を更新。VerisonはYahooの買収を考えていると報じられ株価上昇。ECBや日銀が追加刺激策を見送る中、ドルが上昇し、資源・エネルギー価格が下落。

2016/7/26 火

日米の中央銀行の会合を前に米国市場は薄商い。ドルが強くエネルギー価格が下落。欧州ではドイツの消費者信頼感指数IFOが予想ほど下落せずDAXは0.5%上昇。ライアンエアーが強気の業績見通しで、エネルギー関連は軟調であったが市場全体も上昇。

2016/7/27 水

米国市場では国債の需要減から国債価格が下落、日本は景気対策が当初規模より小さくなると見られ日本円は上昇。原油価格は3か月来の安値。米国株式市場は横ばい。欧州では銀行株が軟調であったが、消費関連株が堅調で市場は上昇。

2016/7/28 木

Fedが金利を維持し、利上げについtも緩やかな利上げを維持。米国市場はFedの決定後大きく下げたが、その後、ドル安になり株式市場は回復。欧州では、プジョーが収益を改善させ自動車株が回復。DAXはBrexit以前の水準に戻る。

2016/7/29 金

日銀が緩和策を打ち出し、イングランド銀行は利下げを行うと見られ、円とポンドは軟調.米国ではアルファベットやFBなどの企業収益が好調で市場は続伸.欧州ではストレステストの結果を受けてドイチェバンクなどが値を下げ銀行株中心に市場は軟化。

最終更新:8/1(月) 4:58

マネーの達人