ここから本文です

神戸製鋼、通期経常益下振れ 200億円

日刊産業新聞 8月1日(月)11時2分配信

 神戸製鋼所は29日、2017年3月期の連結経常利益予想を、前期比30・9%減の200億円と下方修正した。修正前は前期を上回る350億円としていた。「輸出、海外事業の円高の影響。原料価格の変動による鉄鋼、アルミ・銅での在庫評価影響が悪化する。また、建設機械の販売台数の減少を考慮した」(梅原尚人副社長)と修正の理由を説明した。4―9月の経常利益予想は50億円と前年同期比84・9%減との見通しを示し、中間配当については見送った。

最終更新:8月1日(月)11時2分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]