ここから本文です

【映像】西沙諸島沖で発見された世界最深の穴

アフロ 8月1日(月)18時55分配信

 中国の研究者らが先月下旬に世界一深いと公表した南シナ海西沙(パラセル)諸島沖にある海底穴(ブルーホール)の映像が届いた。
 穴の深さはおよそ987フィート(300メートル)もあり、地元の漁師からは「ドラゴンホール」と呼ばれる。
 
 研究者らの研究機関がある海南省三沙市はベトナムやマレーシアなど東南アジア各国と領有権の問題が起きている西沙諸島や中沙諸島、南沙諸島を管轄するために誕生した中国の地級市で、過去4年間に3000万元(約4億6000万円)以上を礁と小島の管理、ウミガメの繁殖などに投資したとされる。三沙市は今後3年間で毎年500万元(約7600万円)をかけ海の環境保全に取り組む。

(西沙諸島沖※パラセル諸島沖、撮影:7月26日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:8月1日(月)19時15分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。