ここから本文です

【映像】西沙諸島沖で発見された世界最深の穴

アフロ 8/1(月) 18:55配信

 中国の研究者らが先月下旬に世界一深いと公表した南シナ海西沙(パラセル)諸島沖にある海底穴(ブルーホール)の映像が届いた。
 穴の深さはおよそ987フィート(300メートル)もあり、地元の漁師からは「ドラゴンホール」と呼ばれる。
 
 研究者らの研究機関がある海南省三沙市はベトナムやマレーシアなど東南アジア各国と領有権の問題が起きている西沙諸島や中沙諸島、南沙諸島を管轄するために誕生した中国の地級市で、過去4年間に3000万元(約4億6000万円)以上を礁と小島の管理、ウミガメの繁殖などに投資したとされる。三沙市は今後3年間で毎年500万元(約7600万円)をかけ海の環境保全に取り組む。

(西沙諸島沖※パラセル諸島沖、撮影:7月26日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:8/1(月) 19:15

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。