ここから本文です

闘犬ガットゥーゾ、方針に納得できずピサの監督を電撃辞任 「何もしないクラブを見過ごせなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)7時20分配信

ケンカ別れか!?

昨季ピサをセリエBへ昇格させたジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は7月31日、クラブの監督を辞任することを発表した。

伊『calciomercato』など複数の伊メディアによると、インタビューに応じたガットゥーゾは次のように述べている。

「不適切かつ深刻な雇用問題がピサにはあり、私が仕事をする上で大きな妨げになっていた。以前から私が許容できない問題もクラブにはあったしね。いつも応援してくれているピサのファンや市民のために、私はクラブの監督を辞することを決めたんだ」

「セリエB昇格を成し遂げるというエキサイティングな経験の後だっただけに、非常に苦しい決断だったよ。でも、選手のことを考えれば必要不可欠なことだったんだ。仕事に困難なことがつきものなのはよく知っているけど、その障害を恐れないことを私は昨季の戦いで証明した。ただ、このクラブと経営陣は曖昧すぎだし、限界のラインを超えすぎている。私はこれまで何度も自分の気持ちを押し殺してきたんだからね。何もしないクラブを見過ごすことは、熱心に応援してくれているファンへの侮辱に値する。だから今回行動を起こしたんだ」

クラブを変えるために上層部と話し合いを行ったが、納得できなかったガットゥーゾは辞任を決意した。これが昇格したばかりのピサにとって、吉と出るのか凶と出るのかは、新シーズンが始まってみないとわからない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月1日(月)7時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]