ここから本文です

沖縄で突風発生か 竜巻注意情報発表

ウェザーマップ 8月1日(月)13時51分配信

 沖縄気象台は1日午後1時30分、沖縄本島南部で突風が発生したとして、沖縄本島地方に竜巻注意情報を発表した。気象台によると午後1時10分~20分頃、気象台から南東方向5~10キロ程度の陸上に、竜巻を生み出すような雲(ろうと雲)を目撃したという。雲が地面と接したかどうかは、まだ確認が取れていない。

 また、午後4時前には、大東島地方で竜巻などの激しい突風が発生したとみられるとして、大東島地方に竜巻注意情報が発表された。

 沖縄地方は、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっているため、空の様子の変化に注意が必要だ。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努める必要がある。また、落雷、ひょう、急な強い雨にも注意が必要だ。

最終更新:8月1日(月)16時5分

ウェザーマップ