ここから本文です

野村周平の意外な素顔とは!? 桐谷美玲や山崎賢人、大原櫻子ら月9「好きな人がいること」共演者たちが暴露

E-TALENTBANK 8月1日(月)17時30分配信

31日放送のフジテレビ系「人生のパイセンTV」で、同局の月9ドラマ「好きな人がいること」とのコラボ企画を放送。桐谷美玲演じる一流パティシエを目指す櫻井美咲が、イケメン三兄弟とシェアハウスをしながら恋愛を繰り広げる……というストーリーの同ドラマで、イケメン三兄弟の三男・柴崎冬真を演じる野村周平に密着取材を行った。

まずは、ドラマの共演者たちに野村のキャラクターについて話を聞くことに。三兄弟に近づくミステリアスな女性・西島愛海を演じる大原櫻子が「やんちゃボーイですよ!」とコメントし、次男・夏向を演じる山崎賢人が「いやぁ、もう野村周平っていう一個のジャンルがあります」と表現すると、続いてヒロイン役の桐谷は「小5!」とバッサリ。また、長男・千秋を演じる三浦翔平は「いつもうるさいんですよ。中学2年生の放課後というか」と、皆が一様に野村の自由奔放なキャラクターを証言した。

しかし、番組の最後には「あんなにテレビのまんまの人いるのかな? っていうくらい普段のテンションすごい高いですし、みんなを楽しませてくれる」(大原)、「唯一無二な感じが、かなり自由で、ストリートでかっこいい」(山崎)、「人懐っこくて、みんなから可愛がられる感じです」(桐谷)、「ふざけてるようで、意外とマジメ。調子いい感じに見えて意外と繊細みたいな」(三浦)と、共演者それぞれが野村の真の魅力をコメント。

放送後、番組を見た視聴者からは「桐谷美玲に小5と言われ、三浦翔平に中学2年生(並にうるさい)と言われる野村周平パイセン」「野村くんのノリとパイセンTVのノリが合ってていいなwwww」「美玲ちゃんから見た野村くんは小5らしいwww」「わたしも小5並みにやんちゃで中2並みにうるさいから野村周平様と大人数でわちゃわちゃしたい」など、野村の意外な一面に反響の声が寄せられていた。

最終更新:8月1日(月)17時30分

E-TALENTBANK