ここから本文です

京急のキャラ「けいきゅん」、電車に乗る しかし横幅が… 車内爆笑

乗りものニュース 8/1(月) 12:00配信

「けいきゅん」、水着モデルの前に「ランウェイ」を歩くも…

 京急電鉄のマスコットキャラクター「けいきゅん」が2016年7月31日(日)、その電車に乗車しました、が、“ある疑惑”が明るみに。車内が笑いに包まれました。

【動画】電車で“カニ”になる「けいきゅん」

「けいきゅん」は2011年10月21日、京急沿線の羽田空港国際線ターミナルが開業1周年を迎えた日に誕生。性別は不明、出身地は京急の久里浜工場(神奈川県横須賀市)で、旅行や速く走ることが趣味、特技とのこと。しかし実は、電車に乗るのはあまり得意ではないのかもしれません。

 2016年7月31日(日)に京急が運行した、走る電車の車内で最新水着のファッションショーを開催するという珍しい列車「KEIKYU MERMAID TRAIN(京急マーメイドトレイン)」。「けいきゅん」はそれに乗車し、水着のモデルたちが登場する前に“ランウェイ”を歩いたのですが……。

 その移動は、常に横方向への「かに歩き」。横幅があるため、前を向いて歩けないのです。ただ「モデル歩き」とはほど遠いながら、そのひょこひょこと歩く姿はかわいらしく、女性限定で乗客が募集された「京急マーメイドトレイン」の車内には黄色い声が湧きあがりました。

 ただそのあと、大きな“ハードル”が「けいきゅん」の前に現れます。

 車両の連結部分(貫通路)です。はたして「けいきゅん」は、その狭い場所を通り抜けられるのでしょうか。

絞り出される「けいきゅん」

 車両の連結部分(貫通路)にさしかかった「けいきゅん」はスタッフの助けを借り、その突破を試みます。

 体の一部を器用にへこませて、貫通路の通過を図る「けいきゅん」。

 そして乗客たちが笑顔で見守るなか、「けいきゅん」は無事、貫通路から絞り出されるように車両間の移動に成功。高い柔軟性がその体には備わっているとみられ、このことが役に立ったようです。

 ちなみに今回、「けいきゅん」が乗車し、品川駅から三浦海岸駅(神奈川県三浦市)まで約1時間かけて運行された「京急マーメイドトレイン」は、「けいきゅん」のモチーフになっている新1000形という電車で運行されました。

恵 知仁(鉄道ライター)

最終更新:8/1(月) 14:09

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。