ここから本文です

射水市 中央分離帯に衝突 男性死亡/富山

チューリップテレビ 8月1日(月)14時29分配信

 1日未明、射水市の国道で、乗用車が中央分離帯に衝突する事故がありました。この事故で、乗用車を運転していた26歳の男性が、腹部を強打するなどして死亡しました。

 1日午前1時35分ごろ、射水市久々湊の国道415号線で、乗用車が右側の中央分離帯に衝突する単独事故がありました。
 この事故で、乗用車を運転していた射水市高場新町の会社員・野村忠仁(のむら・ただひと)さん(26)が、腹部を強打するなどして病院に運ばれましたが、およそ7時間後に死亡しました。
 現場は、見通しのよい片側2車線の道路でした。
 警察は、搬送先の病院や野村さんの勤務先に話を聞くなどして、事故の原因を詳しく調べています。

チューリップテレビ

最終更新:8月1日(月)14時29分

チューリップテレビ