ここから本文です

この手があったか...!どんな乗り物も自動運転にしてしまうソフトウェア「セレニアム」

ギズモード・ジャパン 8月1日(月)22時10分配信

自動運転車、もしかしてすぐに普及しちゃう?

いやー、自動運転車なんて騒いでるけど、自分が死ぬまでに普及なんてしないだろうなって思ってたんですよ。たしかに日産も自動運転システムを持った自動車を発表したりと、どんどんと市場には出てきてはいるものの、車ってそうそう買い換えないじゃないですか。

と思ってたらオックスフォード大学がそれを根本から揺るがす技術をぶっこんで来ました。

それがMIT Technology Reviewがレポートしている、Oxboticaが開発したソフトウェア「セレニアム(Selenium)」です。

Oxboticaはオックスフォード大から生まれたベンチャー企業。彼らが開発しているセレニアムはなんと人間の運転から学習し、学習が一定まで達成されたら自動運転ができるようになるというソフトウェア。しかもカメラを取り付けてソフトウェアとつなげれば車だけじゃなくて倉庫ロボットやフォークリフト、公共交通機関だって自動運転させることができるようになると発表しているんです。

ポイントは人間の運転から学習をするという点です。スイッチを入れた瞬間から自動運転ができるわけではないんですね。その点ではテスラや日産の自動運転技術とは大きく異なります。

人間の運転からデータを収集し、分析し、どのように環境に反応すべきかを学習し、「自動で運転できる」とセレニアムが判断したらそこから運転を任せられるようになる、とIngmar Posner准教授は説明しています。

セレニアムの機能は主に2つ。ひとつは空間の中で乗り物がどこに存在しているか把握すること、もうひとつは周りで何が起きているか検知することだそうです。

この2つの機能は共に乗り物の周囲に装着されたセンサーによって稼働します。センサーの種類や数は乗り物の種類によって変わってくるそうです。倉庫を動くフォークリフトであれば安いカメラでも事足りるかもしれないけれども、自家用車であればあらゆるセンサーが必要になってくるだろうとのこと。

人間による運転データが蓄積されるので、たとえばセレニアムが初めて雪を体験した時は次に似た状況で自動運転する時のためにそれが記録されます。カメラによる画像データとレーザーによるデータを組み合わせることで視界の悪い天候でも正確に車の位置を把握できるそうです。

セレニアムは最初から人や車を認識できる基本的な能力を持ってはいるものの、それも人間の運転からデータを集めることで精度が向上していきます。例えばセレニアムが「人間だ」と認識したものを、人間の運転手が何の問題もなく通過した場合、「あれは人間ではなかった」と学習することができるわけですね。同様のシステムが路面状況や信号についても使えます。

つまり同じルートを走る乗り物の場合は、特に精度が高くなっていくということですね。そうなるとただの自動運転じゃなくて自動運転から「ロボットならではの認識ミス」が無くなったものになるわけです。これは...理論上は非常に素晴らしいと思うんですが、どうでしょうか。

イギリスではロンドンとミルトン・ケインズの2カ所で実地テストが計画されています。しかも名前は挙げられないものの、このシステムを導入するべく某自動車メーカーとの交渉も始めているとか。

新しい自動運転のシステムとしても注目ですし、自動運転システムを後付けできる可能性が出てきたのは非常に新しいですね。しかし私の10年物の車には無理でしょうね...。

source: Oxbotica via MIT Technology Review

最終更新:8月1日(月)22時10分

ギズモード・ジャパン