ここから本文です

<中学ラグビー>寄居が2連覇 城西川越に28―21/県総体

埼玉新聞 8月1日(月)10時30分配信

(31日)

 (最終日・熊谷荒川ラグビー場)

 決勝を行い、春の埼玉県中学生大会覇者の寄居が、昨秋の県中学新人大会優勝の城西川越に28―21で競り勝って2年連続2度目のタイトルを飾った。

 寄居は前半1分にフッカー小林が抜け出して先制トライ。9分にCTB岩崎、15分にSO武内のトライなどで点差を広げて21―7で折り返した。

 後半は城西川越に2トライを許して同点に追い付かれたが、12分にCTB石水がゴール前のペナルティーから素早くリスタートしてそのまま飛び込み、決勝トライとした。

 前半から先行した寄居が城西川越の反撃を振り切って競り勝った。

 寄居は21―21の後半12分、CTB石水がゴール前約5メートルのPKを素早く始めて決勝トライ。前半からフッカー小林のトライなどでリードを広げ、後半に一時追い付かれたが最後は地力を見せた。

 城西川越は後半7分にSH平原のトライ(ゴール)で追い付いたが体力が続かず勝ち越された。

最終更新:8月1日(月)10時30分

埼玉新聞