ここから本文です

三菱商事・金属資源、聖域なく資産入れ替え 売却価値高め買収に備え

日刊産業新聞 8/1(月) 12:00配信

 三菱商事の金属資源本部は、資産の入れ替えを積極的に続けることで、金属資源ポートフォリオの強靭化と人材育成を図る。2016―18年度の3カ年は資源分野の投融資残高を増やさない全社方針に則り、新規優良資産の買収機会を得た場合、同等価額の既存資産を売却する構え。買収に乗り出せる財務体質を整えつつ、既存資産のコスト競争力向上、売却価値の最大化を幅広く追求する。権益の継続的な入れ替えを通じて、資産売買の交渉や契約に係るノウハウを継承する。

最終更新:8/1(月) 12:00

日刊産業新聞