ここから本文です

「偽善者って言われるんだろうな」それでもポケモントレーナーたちはゴミを拾う

BuzzFeed Japan 8/1(月) 17:26配信

「ポケモンGO」で、公園の様子が一変した。レアなポケモンを求めるプレイヤーが昼夜を問わず集まる。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

主婦でブロガーの「ふぁる」さんは7月28日、多くのプレイヤーが集まる日中の世田谷公園をレポートした。

ブランコなどの遊び場を占領するプレイヤーがいて、子どもたちが満足に遊べていない現状や、スマホの画面を凝視する横で、その子どもたちがゴミを拾い、分別していたことを伝えている。記事はハフィントンポストやITmediaに転載され、大きな反響を呼んだ。

ポケモンは多くの人を公園に呼んだ。一方で、ゴミ、騒音、渋滞、子どもの遊び場が減る。こういった問題も出ている。

こうした状況を見かねて、高レベルのプレイヤーが集まるポケモンGOコミュニティの有志が、「自分たちができることを」と、公園のゴミ拾いを始めた。

7月29日、午後10時30分。仕事終わりにゴミ袋と軍手を用意し、ふぁるさんがレポートしていた世田谷公園に集まった。

企画をしたのは、都内の投資会社で働く二川さん(仮名)。ゴミ問題について、こう語る。

「これだけ人が集まったら問題が生じるに決まっている。レベルが高いからって代表者面するわけではないけれど、やれることはやっていきたい。『自分で持ち込んだゴミは持ち帰る』。まずはそこからではないだろうか。ポケモントレーナーだからこそ、子どもたちに胸を張れるような活動をしたい」

公園に設置されたゴミ箱はすでに満杯で、捨て口からはペットボトルが突き出ている。公園を周回してゴミを集める人と、ゴミを分別する人とに分かれた。

ペットボトルや空き缶、弁当の容器、菓子の包み紙、コンビニの袋、タバコの吸い殻。いろいろなゴミが至る所に落ちている。飲みかけのジュースは中身を捨てて回収した。

二川さんはゴミ箱の奥に詰まったものを取り出しながら、「どうせ偽善者って言われるんだろうな」と独りごちる。

ゴミを分別していた二川さんに、一人の男性が声をかけた。
「近所に住んでるの?」

二川さんは驚いたように、こう返す。

「いえ、ちょっと、ゴミが気になってしまって」

世田谷公園の近くに住むこの男性は、ポケモンGOはプレイしていない。急に公園に人が集まるようになり、ゴミや路駐車が増えたことに驚いている様子だった。

男性は、「悪いね。助かるよ」と微笑んで去っていった。

コミュニティのメンバーがゴミ拾いをする姿を見て、同じようにゴミを拾ってくれるプレイヤーもいた。

コンビニでゴミ袋を買ってきたという若い男性には、「これ使いなよ」と余っていた軍手を渡した。

メンバーの疲れた顔がやわらぎ、笑みもこぼれた。

男性は「またここに戻ってきます」と言って、木々の合間に消えていった。

最終更新:8/1(月) 17:26

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。