ここから本文です

【高校総体】陸上男子400mハードル 群馬のライバル対決、白尾悠祐(東農大二)が制す

高校生新聞オンライン 8月1日(月)19時10分配信

 全国高校総体(インターハイ)陸上の男子400メートルハードル決勝が7月31日、岡山市のシティライトスタジアムで行われ、白尾悠祐(群馬・東農大二2年)が51秒40で頂点に立った。2位には51秒81で有阪朋貴(群馬・新島学園2年)が続き、群馬の2年生がワンツーを飾った。(文・中尾義理、写真・幡原裕治)

県内大会から好勝負、2位の有阪「あー、悔しい」

 白尾と有阪は県内の地区大会から好勝負を演じてきた。県も北関東大会も勝ったのは白尾。インターハイはまたも白尾に軍配が上がった。白尾は「競い合って、ワンツーを取りたいと思っていました」と誇らしげに言い、一方、後塵を拝した有阪は「あー、悔しい」と無念の表情だった。

 白尾は51秒35の自己記録を持ち、ランキング1位で本番を迎えた。「2年生だから、やっぱり3年生には勝てないと言われたくありませんでした。いつもより前半飛ばすことを意識して走りました」と大胆に攻めて走った。

 混戦から抜け出したのは、ラスト100メートルの直線に入る9台目のハードルから。「1番でコーナーを抜けたので、これはいけると思って頑張りました」。有阪が最後の10台目のハードルを越えて差を縮めてきたが、及ばなかった。

白尾「来年は高校生2人目の49秒台を」

 中学時代は110メートルハードル・砲丸投げ・走り高跳び・400メートルで争う四種競技をやっていた白尾。進学した高校で指導する400メートルハードルの元日本記録保持者でバルセロナ五輪代表の齋藤嘉彦先生に400メートルハードルへの転向と専念を勧められ、素質が開花した。

 「今年中に50秒台を出したい。そして来年は高校生で2人目となる49秒台を出してみたい」。インターハイ優勝で夢がさらに膨らんだ。

 これまでのところ、白尾が有阪に連勝しているが、いつ立場が逆になってもおかしくない。2人のライバルストーリーの行方に注目し続けよう。

高校生新聞社

最終更新:8月1日(月)19時10分

高校生新聞オンライン