ここから本文です

錦織 ジョコビッチ戦「ベスト尽くした」、次はリオ五輪<男子テニス>

tennis365.net 8月1日(月)21時25分配信

錦織圭

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で準優勝を飾った世界ランク6位の錦織圭(日本)は1日、自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、N・ジョコビッチ(セルビア)との決勝戦について「ベストを尽くした」と綴った。

ジョコ 錦織は「過去最高」

「残念なことに今日僕は勝てなかった。上達するために練習を続けます」と錦織。ジョコビッチとの対戦成績は今回で2勝10敗。2014年の全米オープン準決勝から9連敗、今年だけでも5連敗となった。

「今から数日間は家に滞在して、それからリオに向かいます」と綴る錦織は、今後リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)に出場予定。

tennis365.net

最終更新:8月1日(月)21時25分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。