ここから本文です

プロ2年目の川崎DF車屋がJリーグ初ゴール「50試合くらい出て一点も取れていなかったので……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/1(月) 9:30配信

アシストも記録

Jリーグ2ndステージ第6節が30日に開催され、首位を走る川崎フロンターレが敵地で湘南ベルマーレと対戦した。

試合は32分、DF車屋紳太郎のJリーグ初ゴールで川崎が先制に成功すると、後半に入り48分にも車屋のアシストからFW大久保嘉人が追加点を記録。2点のリードを奪った川崎は60分にもFW小林悠がゴールを決める。それでも63分、湘南に得点を許すと、試合終了間際の90分にも失点。試合はこのままタイムアップの笛を迎えたが、最後は3-2というスコアになった。

しかし先制点を決めた車屋は「苦しい試合だったが、チームが勝ったのがすべて。最後は勝つことしか考えていなかった」とコメント。また自身の得点については「50試合ぐらい試合に出て一点も取れていなかったので、取れてよかった」と話し、「積極的に仕掛けたことが結果につながったと思っている。アシストはヨシトさん(大久保嘉人)から要求されていたボール。チームの力になることができてよかった」と喜びのコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。

車屋のJリーグ初ゴールなどで勝利を収めた川崎は15試合負けなし。年間順位で2位につけていた鹿島との勝ち点差も広げることに成功した。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/1(月) 9:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]