ここから本文です

ジョコビッチが錦織を倒し、4度目の優勝 [トロント/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月1日(月)20時39分配信

 カナダ・トロントで開催された「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/7月25~31日/賞金総額408万9740ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードの錦織圭(日清食品)を6-3 7-5で下し、30回目のATP1000での優勝を刻んだ。

錦織はマスターズ初制覇ならず、ジョコビッチが4度目の優勝 [ロジャーズ・カップ]

 ジョコビッチは4度目のロジャーズ・カップのトロフィを受け取ったあと、一瞬動きを止めて観客席を見渡したあと、観客の皆に向かって自分の横にいる人と抱擁するよう頼んだ。

 観客たちの中からクスクスと笑いが沸き立つと、ジョコビッチは自分が例を見せて音頭をとると言い、横にいたアナウンサーのケン・クロシナのほうを向いて、彼の背中に腕を回した。すると、ファンたちも笑顔で彼の手本に従った。

「すばらしい瞬間だった」とジョコビッチ。「観客にお願いするのに相応しい瞬間だと感じたんだ。なぜって、結局のところ、僕らは同じことのためにここにいる。僕らは皆、テニスを通して----テニスへの情熱を通して結ばれているんだ。スタジアム中でそのエネルギーを感知し、実際に感じるというのは素敵なことだよ」。

 ジョコビッチは短い雨による遅れのあとで錦織を倒した。トロントとモントリオールの間で毎年会場をローテーションするこのロジャーズ・カップで、彼は2007、2011、2012年も優勝している。イワン・レンドル(アメリカ)はジョコビッチよりも2つ多い、6度優勝という記録を保持している。

 29歳のジョコビッチは今年7大会で優勝し、キャリアでのタイトル獲得数を「66」とした。今大会のようなツアー最高クラスのATP1000での優勝は30回目。そして、彼はグランドスラム大会で「12」のタイトルを獲得しており、今年は全豪と全仏で優勝している。

「グランドスラム大会に次ぐ、テニス界で最大の大会がある」とジョコビッチ。「(そこに向かって)僕はしっかりと自己鍛錬をし、献身し、いい成績を挙げることに気持ちを集中させている」。

 ジョコビッチは、錦織に対するここ9試合に連続して勝ったことになる。その中には多くの接戦も含まれているが、これで対戦成績は10勝2敗のリードとなった。

 一方、錦織は「特に重要なポイントで多くのアンフォーストエラーをおかしてしまった」と試合後に振り返った。

「今日のジョコビッチはここ数日の調子からレベルを一段階引き上げた。ボールを深く打ってきて、僕にまったくフリーポイントを与えてくれなかった。すべてのゲームでプレッシャーを感じていたよ。第2セットでは、よりアグレッシブにいき、よりよいプレーができたと思うが、簡単なショットをミスしてしまった。チャンスはあったが、彼がいいプレーをし、僕もいいプレーはしたがアンフォーストエラーが多すぎた」。

 錦織は今回のジョコビッチに対する手応えとともに、今後の野望も口した。

「レベルを上げ、大きなタイトルを獲れるよう祈っている。ノバクを倒すというのは、特にハードコートでは大きな挑戦だ。彼は僕をマイアミで、そしてここで破った。この手の試合では経験が必要だと思う。ノバクに負けはしたが、これは今年2度目のマスターズ1000の決勝。(優勝の可能性は)日に日に近くなっていると思う。それができれば、次にグランドスラム大会での勝利を狙っていくための大きな自信を得られるだろう」。

 男子ダブルス決勝は、第3シードのイバン・ドディグ(クロアチア)/マルセロ・メロ(ブラジル)が第2シードのジェイミー・マレー(イギリス)とブルーノ・ソアレス(ブラジル)を6-4 6-4で破って優勝した。(C)AP(テニスマガジン)(取材協力◎ATP)

Photo: TORONTO, ON - JULY 31: Novak Djokovic (R) of Serbia is congratulated by Kei Nishikori (L) of Japan after winning the Singles Final during Day 7 of the Rogers Cup at the Aviva Centre on July 31, 2016 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

最終更新:8月1日(月)20時39分

THE TENNIS DAILY