ここから本文です

「カカとC・ロナウドをミックスしたような選手」 ユーヴェ新加入の21歳FWは化け物クラスの選手か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)9時50分配信

ミックスさせればとんでもない選手に

ゴンサロ・イグアイン、ミラレム・ピアニッチら即戦力の補強に注目が集まりがちだが、今夏ユヴェントスが獲得したクロアチア代表FWマルコ・ピャツァの存在も忘れてはならない。ユヴェントスはピャツァを2300万ユーロの移籍金で獲得したが、同選手のことをよく知らないというサポーターも大勢いるだろう。

では、ピャツァはどんな選手なのか。伊『TuttoSport』によると、同選手の代理人を務めるマルコ・ナレティリッチ氏はすぐにでもサポーターを驚かせるだけの実力があると考えている。ナレティリッチ氏はピャツァがFWでもトップ下でもプレイできると語り、その姿はカカやクリスティアーノ・ロナウドのようだと絶賛した。

「すぐに彼はみんなを驚かせるだろう。彼はセンターフォワードとしても、トレクアルティスタとしてもプレイできる。トレクアルティスタでプレイする時はカカのようだ。比較するのは常に難しいが、私はマルコがカカとクリスティアーノ・ロナウドをミックスしたような選手だと思う。我々は21歳の選手について話しており、まだ彼は大いに成長しなければならないし、弱点を克服しないといけないけどね」

カカとロナウドをミックスさせればとんでもない選手が完成しそうだが、21歳のピャツァにはそれだけの資質があるのだろう。すぐに主力選手になることは難しいだろうが、将来的にはユヴェントスとクロアチア代表を引っ張る存在となるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月1日(月)9時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]