ここから本文です

高校野球地方大会決勝を振り返る 愛知大会「東邦vs愛工大名電」

Full-Count 8/1(月) 13:03配信

190チームの頂点に立った東邦

 7月30日、岡崎市民球場でノーシード・愛工大名電対シード・東邦の決勝が行われた。愛工大名電は3年ぶり12回目、東邦は2年ぶり17回目の甲子園出場をかけて激突した。最も熱く、過酷な愛知大会で190チームの頂点に立つのは、ノーシードから中京大中京などの強豪を破ってきた愛工大名電なのか投打のエース・藤嶋健人を擁する東邦なのか名門同士の一戦に期待が膨らんだ。

 両先発は、愛工大名電・藤村哲之、東邦・藤嶋のエース対決。先に打ち崩したのは東邦だった。

 1回裏、1死から東邦の2番鈴木光稀が際どいボールを見極めフォアボールで出塁。3番松山仁彦のところで東邦はエンドランを仕掛ける。松山の打った打球は、左中間を抜くツーベースとなり一塁ランナー鈴木が一気に生還。東邦が1点を先制する。

 東邦がさらに追加点を挙げていく。2回裏、2死一塁の場面で打席に立つのは9番鈴木理央。小柄な体型ながら鈴木が振り抜いた打球はレフトへぐんぐん伸びていき、レフトポール近くのスタンドに飛び込むツーランホームランで2点を追加し3-0と序盤から差を広げていく。

 愛工大名電打線は東邦のエース藤嶋を攻略しようとセーフティバントを果敢に行っていくがなかなか決まらず、点に繋げていくことが出来ない。藤嶋も素早いフィールディングで愛工大名電の緻密な野球にチャンスを作らせず、5回を56球、被安打2として投げ切る。

ノーアウト満塁の絶好のチャンスも…

 4回にも1点を与えてしまった愛工大名電は6回表に反撃に出る。ワンアウトから1番中村太紀が俊足を活かしたセーフティバントを遂に成功させ出塁する。続くイチロー2世と呼ばれている1年生バッター2番の柳本優飛は三遊間を抜ける当りでエンドランを決めていき、柳本はすかさず盗塁を決め1死二、三塁のチャンス。迎えるは3番秋山海都。秋山は三塁線に絶妙なセーフティスクイズを決め、愛工大名電が得意のバント野球で1点を返していく。なおも二死三塁のチャンスで1点でも多く取っておきたい愛工大名電であったが、東邦・藤嶋に後続を抑えられ1点に止まる。

 その裏、愛工大名電・藤村の疲れが見えてきたところに付け込み、すぐさま東邦が差を広げていく。東邦は2番鈴木、3番松山、4番藤嶋の連続四死球などでツーアウト満塁のチャンスを作る。このチャンスで5番小西慶治は初球から強気なバッティングでレフト前への2点タイムリーヒットを放ち、6-1として6回を終了する。

 東邦の流れで試合が進む中、愛工大名電打線が東邦・藤嶋を攻め立てていく。7回、先頭の5番山崎基輝がフォアボールを選び出塁。6番安田はツーストライクから粘りのバッティングでセンター前へのヒット。続く7番松本はバントを決行。このバントが相手エラーを誘い出しノーアウト満塁の絶好のチャンスを作る。

 ここで愛工大名電ベンチは動く。8番エースの藤村に代えて、代打・向井悠人を打席に送る。しかし、向井は東邦・藤嶋の140キロのストレートに手を出すことが出来ず、見逃しの三振。東邦・藤嶋もこれにはマウンドで吠え、気合を見せつけていく。9番石井幸大も内角に切れ込むスライダーで空振り三振。ここで打順は戻り、1番中村。しかし中村が打った打球は無常にもライトフライ。愛工大名電にとってこの上ないチャンスであったが、東邦・藤嶋が立ちふさがり愛工大名電に点差を縮めさせない。

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 13:03

Full-Count