ここから本文です

【MLB】カブス名将が明かすイチロー秘話 互いに“愛するモノ”を物々交換

Full-Count 8月1日(月)20時28分配信

ある年の球宴前に「バットをくれたんで、お返しにワインをあげたんだ」

 史上30人目となるメジャー3000安打まで残り「2」と迫るマーリンズのイチロー外野手。本拠地での記録達成が期待されたが、8月1日(日本時間2日)から始まる遠征に持ち越された。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 最初の遠征地はシカゴ。イチローの記録達成を目撃することになるかもしれないカブスのジョー・マドン監督だが、対戦相手として接してきた背番号51と、意外な秘話を持っているようだ。地元紙「シカゴ・サンタイムス」電子版が伝えている。

 マドン監督は、エンゼルスのベンチコーチ、レイズの監督、そしてカブスの監督として、“対戦相手”イチローの対策に長らく手を焼かされてきた。その経験を踏まえてか、「2つの違う世界で(安打を)打って、どちらでも最高の打者になったんだから、彼が残した功績、そして今挑み続けていることは、相当目を見張るものがある」と、手放しで絶賛している。

 対戦相手としては厄介だが、その実力は認めざるを得ない。そんな背番号51と、ある年の球宴前に“物々交換”をするチャンスがあったという。記事によると、マドン監督は当時を振り返り「彼がバットをくれたんで、お返しにワインをあげたんだ。でも、彼にとっては不公平な交換になってしまったかな」と話したそうだ。

3000安打達成の舞台は、歴史あるリグリーフィールドが舞台か?

 ワイン通として知られるマドン監督が選んだワインなら、かなり価値あるものに違いないが、殿堂入り確実と言われるイチローのバットは、今後も価値が上がることは間違いない。イチローがバットを大切に扱う話は広く知られるところ。互いに“愛するモノ”を物々交換したわけだが、最終的にはバットの方が価値が上がると考えた名将は「不公平な交換だった」と話したようだ。

 カブス本拠地のリグリーフィールドと言えば、フェンウェイパークに続き、メジャーで2番目に古い歴史を持つ球場だ。

 これまで3000安打を達成したメジャー史を彩る29人も、勝利のためにヒットを打った場所。そんな歴史ある舞台で、歴史に残る偉業が達成されたら……。もしかしたら、記録達成を待ちわびる野球ファンのために、野球の神様がちょっとした粋な演出を加えたのかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月1日(月)20時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。