ここから本文です

レアルブランドはもはや過去の産物!? ポグバに続きイタリア代表MFの獲得も失敗か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)12時10分配信

MF獲得を模索するジダン

今冬よりレアル・マドリードを率いるフランス人監督ジネディーヌ・ジダンは、優秀なセントラル・ミッドフィルダーを求めているものの、その計画は容易に進んではいないようだ。

かねてよりユヴェントスのポール・ポグバ獲得を目指し、マンチェスター・ユナイテッドと壮絶な争奪戦を繰り広げてきたレアルだが、その莫大な移籍金を前に獲得レースから撤退したとされている。現在ではポグバの代役としてチェルシーの守備的MFネマニャ・マティッチや、パリ・サンジェルマンの司令塔マルコ・ヴェッラッティらの獲得に関心を示しているものの、後者はレアルへの移籍を否定。仏『Le Parisien』がイタリア代表MFのコメントを伝えている。

「レアル・マドリードのようなビッグクラブが僕に関心を示してくれるのはとても誇り高いことだ。でもPSGでチャンピオンズリーグに優勝すると堅く決心したんだよ。このクラブから放出されるか、もしくは自分自身がここを去りたいと感じる前にとても大きなことを達成したいね。だから僕はCLを制覇するまではここにいるよ。それが目標さ。家族のように感じるこのクラブで優勝したいんだ」

ルカ・モドリッチやガレス・ベイル、トニ・クロース、そしてハメス・ロドリゲスなど一流のMFを次々に獲得してきたレアルの強化プランは大いに狂い始めている。ライバルのバルセロナやアトレティコ・マドリードが順調な補強活動に励む中、彼らはアルバロ・モラタとファビオ・コエントランを復帰させただけだ。果たしてチャンピオンズリーグ覇者の巻き返しはあるだろうか。今夏の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月1日(月)12時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報