ここから本文です

バルサ退団を決めたDFのラストメッセージ「さよならは言わない、またいつか会おう」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)13時30分配信

サポーターへメッセージ

6年にわたってバルセロナでプレイし、先日トルコのベジクタシュへ移籍することが決まったブラジル人DFアドリアーノ・コレイラが、愛するバルセロニスタに向けて別れのメッセージを送っている。

2010年に同じリーガエスパニョーラのセビージャよりバルサへ加入したアドリアーノは、ユーティリティプレイヤーとして多くのポジションをこなすことが可能で、あらゆる局面でチームの穴を埋めてきた。ルイス・エンリケ政権下では出場機会が激減したものの、彼のバルセロナに対する愛情は今後も変わることがなさそうだ。自身のTwitterアカウント上で、彼は次のように心境を綴っている。

「愛するバルセロナへ。もう皆も知っているだろうけど、僕は今後はベジクタシュでプレイすることになる。お別れを言う時が来たんだ。今この感情をすべて表現できるほど僕は言葉巧みではない。様々なものが溢れ出てくるよ」

「あなたたちが見せてくれた素晴らしいサポートが無ければ、チームは多くの栄光を勝ち取ることなどできなかった。その愛に少しでも応えることができたと信じたい。人生は長いんだ。いつかは新たなステージへ進むこともあるものさ。君たちのことは永遠に僕のハートにいる。僕はずっとバルセロナファミリーの一員だと感じているよ。さよならは言わない。またいつか会おう」

SBながらテクニックに優れ、確かなシュート技術も備えるアドリアーノがトルコで輝きを放つことを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月1日(月)13時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]