ここから本文です

EUROでも活躍のドイツ代表MF、ブンデス残留へ 指揮官「ここでやっていくことを受け入れるべき」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)16時30分配信

海外移籍を望んでいるが

ヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの残留が濃厚となった。

EURO2016でもドイツ代表の左サイドを駆け抜け、ベスト4に大きく貢献したドラクスラー。アーセナルが同選手に対して、6000万ユーロのオファーを持ちかけたとも伝えられるが、ヴォルフスブルクのディーター・ヘッキング監督は残留するだろうと独『Kicker』で話している。

「我々はユリアンの残留について話し合った。彼はここでやっていくということを受け入れなければならないね」

昨夏はユヴェントスへの移籍が破断となり、落ち込んだことも話したドラクスラーだけに、本当であれば海外にも挑戦したいはずだ。しかし、今夏の移籍は難しいものとなってしまったのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月1日(月)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。