ここから本文です

ヴェンゲル監督にも希望? ラカゼットの去就についてリヨン指揮官「31日以降はどうなるかわからない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/1(月) 18:20配信

アーセナルにもまだ可能性は残っていた

昨季リーグ・アンで21得点を記録したストライカー、アレクサンドル・ラカゼット獲得レースは収束していなかったようだ。

先日、リヨンはアーセナルからラカゼット獲得に向け2900万ポンドのオファーが届いたが、それを断ったことを発表。ラカゼットのリヨン残留が決定したかと思われたが、ブルーノ・ジェネシオ監督は「彼を残したいと考えているが、いくつか拒否できないようなオファーが届いている。監督としては最高の選手であるラカゼットにはチームにとどまってほしいし、彼は重要な選手だ。会長は選手の残留を保証してくれたが、8月31日以降はどうなるかわからない」とコメントしている。英『METRO』が伝えた。

そのため移籍市場が閉まるギリギリまで去就が定まらない可能性があるとし、アーセナルのヴェンゲル監督も“リヨンの点取り屋“獲得に望みが消えたわけではないようだ。ラカゼットにはMSNに代わる「第4のFW」を探しているバルセロナも関心を示しているという。ラカゼットの今後の動向に注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/1(月) 18:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報