ここから本文です

バイエルンに現れた21歳の新鋭ストライカー、インテル戦でハット決めCF争いに名乗り

theWORLD(ザ・ワールド) 8月1日(月)22時0分配信

「この瞬間を楽しんでいる」

バイエルンに頼れるCFが現れた。

現在、プレシーズンの真っただ中にあるバイエルンで結果を残し続けている選手が21歳のアメリカ代表FWユリアン・グリーンだ。期待の若手として2013年にチームへと加わりながら、なかなか定位置をつかめずにいたが、今夏ようやくその才能が花開こうとしている。

30日に行われたプレシーズンマッチのインテル戦ではハットトリックを決め、好調をアピールした。試合後には「単純にこの瞬間を楽しんでいるよ。僕はストライカーだし、ゴールを決めることはいつもいい気分だ。でもフットボールは良くない日もある。今日はよかったけどね」と話している。

また、指揮官のカルロ・アンチェロッティ監督も独『sport1』で「彼は非常によくやっているよ。エリア内で準備ができているし、チームの攻撃の中に上手く組み込まれているね。何も彼に対して特別なプランはない。我々とともに帯同するし、チャンスは与えるだろう」と評価した。

バイエルンには現状でロベルト・レヴァンドフスキしかストライカーと呼べる選手がいないため、バックアッパーとなりうる若手が台頭してきたことは喜ばしいことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月1日(月)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合