ここから本文です

ロズベルグ「ペナルティに驚いた。すごいオーバーテイクだったのに」:メルセデス ドイツ日曜

オートスポーツweb 8月1日(月)5時34分配信

 2016年F1ドイツGP決勝で、メルセデスのニコ・ロズベルグは4位だった。

 
■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 決勝=4位
 苦労した末に、期待外れの一日になった。スタートでかなりホイールスピンしてしまった。フォーメイションラップのスタートはよかったから、変だった。そのせいでリードを失い、さらにふたつポジションを落とす結果になった。その時点で難しいレースになることは分かっていた。
 
 マックス(・フェルスタッペン)とのタフなバトルの末に2位に上がれて喜んでいたから、ペナルティを受けてすごく驚いた。
 
 ピットで大量に時間を失ったし、今日はたくさんのことが悪い方向に行ってしまった。それは最終的には大したことではなかったが、ペナルティによってレッドブル勢を倒すことが不可能になった。
 
 全体的に、今までよりもマシンの感触がよくなかった。特に今日はリヤタイヤに問題を少し抱えていた。何がよくなかったのか、エンジニアたちと一緒に分析する必要がある。
 
 今はサマーブレークを楽しみにしている。休み明けにはより強くなって戻って来たい。チームの全員が久しぶりの休みで充電できるよう願っている。

2016年第12戦ドイツGP ニコ・ロズベルグ(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のバトル


(ペナルティについて語り)びっくりした。あれでペナルティを受けるなんて思っていなかったからね。あれはレースだ。あの時、有頂天になっていた。「すごいぞ、かなり後ろから追い抜いた」と思ってね。
 
 ポジションを上げたことを喜んでいた。それで少なくとも2位は確保できると思ったからだ。そうすればダメージリミテーションになる。
 
(オーストリア最終ラップでのルイス・ハミルトンに対するアクションと似ているという指摘に対し)位置関係が違う。今回は明らかに僕は前に出ていた。
 
(Formula1.comのインタビューに答えて)ペナルティがなければレッドブル勢の前にいた。ペナルティが出たせいで彼らにチャレンジできなかったんだ。(4位になったのは)ペナルティのせいだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月1日(月)8時4分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]