ここから本文です

ライコネン「5位6位に沈むのはつらい…あらゆる領域で改善が必要」:フェラーリ ドイツ日曜

オートスポーツweb 8月1日(月)10時19分配信

 2016年F1ドイツGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは6位だった。


 
■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=6位
 これといった出来事もなく、ひどく淡々とした退屈なレースだった。スタートでは少しホイールスピンをさせすぎて、セバスチャン(・ベッテル)に抜かれてしまった。タイヤが新しいうちはクルマのフィーリングも悪くなかったが、すぐにアンダーステアやオーバーステアが出始めた。つまり、全体としてグリップが足りなかったということだ。
 
 最後のスティントでは燃料もセーブしなければならず、ただ走っているだけの状態になった。あらゆる領域でクルマを改善する必要があるのは明らかで、特にダウンフォースが強化されれば、ずいぶん楽になるだろう。
 
 チーム全員がもっと良いレースをしたいと望んでいるし、本来居るべき位置にいられないのは精神的につらいものだが、僕はチームを信頼している。望ましい位置に到達するには、多少の時間とハードワークが必要だ。僕らにとって重要なのは、チームとして仕事をして、進歩していくことだ。

2016年第12戦ドイツGP セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン(フェラーリ)

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月1日(月)10時22分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。