ここから本文です

ペレス「アロンソを抜いてポイントつかんだ。キャリア最悪のスタートから信じられないような挽回」:Fインディア ドイツ日曜

オートスポーツweb 8月1日(月)12時20分配信

 2016年F1ドイツ決勝で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは7位、セルジオ・ペレスは10位だった。

ドイツGP 最新フォトコーナー

 
■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=7位
 今日の僕らには、おそらく7位より上は望めなかったと思う。だから、こうして7位でレースをフィニッシュし、貴重なポイントを稼げたことに満足している。
 
 戦略面でチームがすばらしい仕事をしてくれた。僕らは2ストップで行けると考えてレースをスタートしたが、早い時期に3ストップに切り替える判断をしてくれたんだ。その判断が正解だったことは確かだ。実際にレース終盤に7位の座を奪い取ることができたのだから。
 
 タイヤのデグラデーションがものすごく大きかったので、レースの大半でタイヤをいたわりながら走っていたし、単独走行ばかりの単純なレースだった。直接順位を争った相手はボッタスだけで、それも彼とは戦略が違っていたからね。  
 
 結果として僕はハッピーで、チームもハッピーだ。これで気分良く夏休みを楽しめるだろう。シーズンの後半戦に向けて、この勢いを維持したいと思っている。
 
セルジオ・ペレス 決勝=10位
 今日のスタートは、僕のレースキャリア全体を通じて最悪だったと言ってもいい。スタートの瞬間に派手にホイールスピンをさせて、一気に16位まで沈んでしまったんだ。
 
 それからはフィールドをかき分けながら順位を取り戻していく長い戦いだった。チームは僕を浮上させるために、すぐに戦略をスイッチしなければならなかったんだ。デグラデーションはかなり激しかった。特に誰かの背後につくとその傾向が顕著になり、レースではフェルナンド(・アロンソ)とのポジション争いに多くの時間を費やしたからね。 
 
 終盤にはタイヤが終わりそうになっていたけど、フェルナンドも似たような状況だとわかっていたので、チャンスが訪れた時に思い切ってアタックした。正直なところ、スタートして1コーナーを通過した時点では、ポイントを獲れるとは思えなかったけど、終わってみればこの順位だった。 
 
 チームとして、シーズン前半戦で成し遂げてきたすばらしい仕事を誇りに思いながら、休暇を迎えることができそうだ。僕らが活躍する機会は、後半の9レースでまだ何度も訪れると信じている。だけど、いまは少し休みを取ることが重要だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月1日(月)12時23分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。