ここから本文です

世界一を目指せ!『グローバルMX-5カップ』が2017年から日本でもスタート

オートスポーツweb 8月1日(月)15時41分配信

 マツダと、シリーズを主管するビースポーツは8月1日、2017年から日本国内でマツダMX-5(日本名ロードスター)の世界同一仕様車によるワンメイクレース『グローバルMX-5カップ・ジャパン』をスタートさせると発表した。

【アメリカで開催された実際のレースの様子】

 この『グローバルMX-5カップ』は、ライトウエイトスポーツとして世界中で愛されているMX-5=ロードスターによるワンメイクレース。2016年にアメリカでスタートしており、今後世界各国での戦績上位ドライバーが、アメリカのマツダレースウェイ・ラグナセカで争われる世界一決定戦に集結。“世界一のMX-5レーサーを目指す”というプログラムだ。

 そんなプログラムが、ついに日本でも始まることになった。2017年は5戦の開催が予定されており、決勝45分間のスプリントレースを開催。開催予定地は現在のところ岡山、鈴鹿、スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎ等となっている。

 参加にはASN発給の国内競技運転者Aクラス以上の所持(JAF以外のASNに所属するドライバーも一定の条件を満たすことで参戦可能)が必要。勝ち抜いたドライバーには総額500万円の大会賞金や、世界一決定戦への出場権も与えられるほか、初年度にフル参戦したドライバーにはボーナス賞金も用意されているという。

『グローバルMX-5カップ』の参戦にはもちろんMX-5が必要になるが、高いイコールコンディションが特徴で“世界同一仕様車”でのレースを標榜しているため、専用車両が必要となる。グローバルMX-5カップ車両は北米仕様の2リッターエンジンを搭載する左ハンドルのMX-5で、アメリカのロングロード・レーシング社が長年培ったノウハウを投じたパーツを開発。日本ではキャロッセが車両販売・パーツのサポートを行う。販売価格は788万4000円(税込)だ。

 なお、8月25日には、筑波サーキット・コース2000でグローバルMX-5カップ仕様車両の試乗商談会が開催されるという。新シリーズの詳細、そして試乗商談会の詳細は公式サイト(http://mx-5cup.jp)まで。

 高いイコールコンディションのなかで、試されるのは己の腕のみ。『グローバルMX-5カップ』で世界一のロードスター乗りを目指してみよう。

グローバルMX-5カップ・ジャパン 開催概要
■レース概要・競技規定
開催予定数:2017年度は年5戦を予定
開催予定地:岡山国際サーキット、鈴鹿サーキット、スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎ等
レース形式:決勝45分間のスプリントレース
レース格式:準国内格式以上
参加資格 :ASN発給の国内競技運転者Aクラス以上の所持者
※JAF以外のASNに所属するドライバーも一定の条件を満たすことで参戦可能
レース主管:GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 事務局(株式会社ビースポーツ内)
世界一決定戦:国内シリーズ成績上位者には、マツダレースウェイ・ラグナセカに各国の代表が一堂に会する世界一決定戦への出場権を付与。

大会日程、車両/競技規定の詳細は今後順次、下記ウェブサイトで公開予定。
http://mx-5cup.jp/

■レース車両の概要(世界共通仕様)
・ベース車両:MX-5(日本名:ロードスター)北米仕様(2.0Lエンジン、左ハンドル)
・エンジン、ECU等は、車両製作時に封印され、改造不可
・タイヤ、ホイール、ダンパー、ブレーキなども指定部品となり、イコールコンディションを徹底
・AIM社データロガー標準装備
・車両開発/製作:Long Road Racing社(米国)
※レース専用車のため、公道走行不可

■GLOBAL MX-5 CUP仕様車(レース車両)の販売について
・販売開始時期:2016年8月1日よりオーダー受付開始(受注生産)
・販売代理店 :株式会社キャロッセ
・販売価格、購入方法についてはキャロッセに問い合わせ

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月1日(月)15時46分

オートスポーツweb