ここから本文です

次世代を担うポップ・シンガーソングライター=ショーン・メンデスの「トリート・ユー・ベター」(Song Review)

Billboard Japan 8月1日(月)11時15分配信

 2015年4月、アルバム『ハンドリトゥン』でデビューし、アルバムからの3rdシングル「スティッチーズ」が、米ビルボード・ソング・チャートで4位、英国(UK)チャートではNo.1をマークする大ヒットを記録した、ショーン・メンデス。同アルバムからは、フィフス・ハーモニーのカミラ・カベロとデュエットした「ラストサマー」もスマッシュ・ヒットを記録し、次世代を担うポップ・シンガーソングライターとして注目されている。

 その絶好のタイミングで、9月23日に発売されることが決定した2ndアルバム『イルミネイト』からの先行シングル、「トリート・ユー・ベター」が6月3日に発売され、最新のソング・チャート(8月6日付)で21位まで上昇中。7月12日に公開されたミュージック・ビデオは、3000万回を超える視聴回数を記録している。

 その端正な顔立ちを活かし、ビデオの中では役者としての一面ものぞかせたり、ライブでは女性の黄色い声援が常に絶えない、ショーン・メンデス。たしかに、誰もが認めるイイ男で、それも人気の理由のひとつだが、ただのアイドル・シンガーではなく、リリースしたすべての曲の制作を、自身で手掛けるという、ミュージシャンとしての実力も折り紙付きなのだ。

 もちろん、この「トリート・ユー・ベター」もショーンを中心に作られた曲で、プロデュースは、ア・グレイト・ビッグ・ワールドなどを手掛けるダン・レーマーが担当している。また、「スティッチーズ」の制作にも参加した、テディ・ガイガーもクレジットされていて、聴けばショーンのタイトルだとすぐ解るような、同系統のポップ・ソングに仕上がっている。

 9月に発売される『イルミネイト』からは、2ndシングルというわけではないが、「ルイン」というロック・バラードも公開されていて、デビュー作ではなかった、大人っぽい雰囲気の楽曲も期待できそうだ。まずは、この曲で2曲目のTOP10入りを果たし、アルバムのプロモーションに繋げたいところ。

Text: 本家 一成

◎「Treat You Better」MV
https://youtu.be/lY2yjAdbvdQ

最終更新:8月1日(月)11時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。