ここから本文です

『斉木楠雄のΨ難』実写映画化、山崎賢人が災難続きの超能力高校生に!

クランクイン! 8/1(月) 6:00配信

 週刊少年ジャンプで連載中のギャグ漫画『斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)』の実写映画化が決定。映画『ヒロイン失格』『orange-オレンジ-』、月9ドラマ『好きな人がいること』など、話題作が続く山崎賢人と、TVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや『HK/変態仮面』の福田雄一監督の最強タッグが“サイキック学園コメディ”の実写化に挑む。

【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー


 麻生周一による原作は2012年から連載が開始され、その独特な世界観に熱狂的なファンが集まり、コミック累計発行部数は400万部を記録、2016年にはアニメ化もされている。主人公は超能力が使える16歳の高校生・斉木楠雄。超能力が使えるゆえの悩みを抱えている楠雄の周りには、超個性的な面々が勝手に集まってしまい、彼らが巻き起こすトラブルを超能力を使って回避する…サイキックな学園生活が繰り広げられる。

 原作者・麻生から「映画化するなら、ぜひとも福田監督で!」と熱望された福田監督は、もともと原作の大ファン。そして、福田監督から「自分が監督するなら、どうしても山崎賢人で!」と熱望された山崎は、もともと福田監督の大ファンで、監督からのオファーを受けた。相思相愛の原作者、監督、俳優によって、遂に実写映画化が実現する。

 『斉木楠雄~』と同じく少年ジャンプで連載中の『銀魂』実写映画化も手掛ける福田監督は、「原作ファンのみなさまにも楽しんでいただけるよう、精一杯がんばりたいと思います!なんつってもこれの脚本、『銀魂』よりはるかに前に上がってましたからっ!決して二股とかじゃないんでっ!」と冗談交じりにコメントしつつ、「山崎賢人は本来、ツンデレとかじゃないのです!めっちゃおもろい男なのです!そして緑のメガネが似合います!とにかく笑えるギャグ映画に仕上げたいと思います!銀もピンクも頑張りますよ!」と実写化とキャスティングに自信を見せている。

 映画『斉木楠雄のΨ難』は2017年、全国公開。

最終更新:8/1(月) 6:00

クランクイン!